技術士とは

科学技術に関する高度な知識と応用能力、
そして高い技術者倫理が認められた技術者の国家資格です。

技術士制度は産業に必要な技術者育成のためにできました。19世紀以降、世界の産業の発展に技術者は大きく貢献してきました。日本でも産業の発展の要となる優秀な技術者を育成する必要がありました。そして、企業等の不祥事が報道される昨今、高度な技術と高い技術者倫理を兼ね備えた技術士が求められています。今の時代こそ技術士は必要です。

(公益社団法人 日本技術士会HPより引用)

技術士会北陸本部 本部長 平野 吉彦

試験・登録情報

試験・登録情報については日本技術士会HPをご確認ください。

技術士CPD

技術士CPDについては日本技術士会HPをご確認ください。

合格者の声

40代男性
R・Kさん
部  門:衛生工学
専門事項:建築環境

「受験で苦労した」こと、「こんな工夫をした」こと

どのような文章を書けば合格できるのか知りたくて解答例を探しに大型書店に出向きました。技術士受験コーナーにて衛生工学部門と書かれた背表紙を探しましたが見つかりません。受験者数が少ない部門を選択したのかという思いは、論文試験の会場で私以外に衛生工学部門を受験する人がいなかったことで確信へと変わるのですが、その時は衛生工学部門の模範解答例が手に入らず不安を抱くことになりました。

論文作成や面接試験ではどんな対策を立てましたか?

模範解答がわからない私は、建設部門の模範解答例を参考に文章の書き方を覚えました。そして過去に出題されたテーマを一覧にし、出題傾向のある頻出のテーマを把握しました。過去に出題された問題に対し、自分なりの解答を作り続けるのですが、常に「これで合格できるのか?」という不安を抱えての勉強でした。 アドバイスを挙げるならば、論文試験では自分の作成した文章を、時間を空けてから添削することです。一週間くらい時間を空ければ、自分が作成した文章を別の視点で見ることができるからです。

二次試験の最終発表はどこで、どんな手段で知りましたか?
その時の気持ちは?

出社してパソコンで確認しました。一年の結果が受験番号の有無に左右される時、私の受験番号を見つけ、「よっし。受かった。」という声を出しました。

技術士の資格を得て、どんな技術士を目指したいと考えていますか?

技術士になりたいと思う人が増えるように、自分ができることを行いたいと思います。

自己紹介・PR・今だから言えること

建物管理の仕事では様々な問題が生じます。電気、空調、衛生設備だけでなく清掃や法律と、多様な知識で解決方法を探る仕事です。言い換えるとオールラウンダーの人材 が求められる仕事であるといえます。 一方、技術士とはその道のスペシャリストであり、オールラウンダーとは相対する存在です。しかし、私は建物管理のスペシャリストを目指して活動していきたいと思います。

40代男性
Y・Kさん
部  門:情報工学
専門事項:ソフトウェア工学

「受験で苦労した」こと、「こんな工夫をした」こと

今回が初めての受験でしたが、情報工学部門は試験に関する情報が大変少なく、願書作りから苦労しました。そのため、期間を通して受験講習会には積極的に参加しました。また、平日の隙間時間や休日をできるだけ勉強に充て、面接前には業務内容、法令等を録音して繰返し聴くのにスマートフォンを活用しました。

論文作成や面接試験ではどんな対策を立てましたか?

論文作成では、市販の参考書で書き方を確認するとともに、短めのキーワード集を作って専門知識を深めていきました。面接試験では、模擬面接の講習会を計3 回受講しました。様々な技術部門の方から厳しいご指摘をいただきましたが、その分、度胸も付き、受け答えも良くなったと思います。 今後受験される方には、最後にプレゼンする意識を持って、技術士らしさとメリハリのある願書を作成して欲しいと思います。

二次試験の最終発表はどこで、どんな手段で知りましたか?
その時の気持ちは?

発表当日の朝、公開と同時にスマートフォンで確認しました。面接試験での反省点が多く、半ば諦めていたので、喜びもひとしおでした。一人でしばらく喜びを噛み締めた後、家族と喜びを分かち合いました。合格者名が掲載されたその日の官報は記念に購入しました。

技術士の資格を得て、どんな技術士を目指したいと考えていますか?

IT は今や社会インフラの一つであり、情報工学は様々な分野と協業します。私自身 も幅広い視野を持つとともに、技術力をより一層高め、社会に貢献できる技術士になりたいと思っています。

自己紹介・PR・今だから言えること

IT の分野では、技術士の認知度はあまり高くありません。IT エンジニアに技術士(情 報工学)を目指す人が増えるよう、微力ながら何かお手伝いができればと思っております。そして、家族やご支援していただいた皆様に心より感謝申し上げます。引続き、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。